ミニ大仏ワークショップキットで制作された400体を超えるミニ大仏を用いたアート展示が開催されました。

イベント名:rooms journey 01
共催:アッシュ・ペー・フランス株式会社 / 株式会社阪急阪神百貨店
会場:阪急うめだ本店9階 阪急うめだギャラリー
企画・構成:GERMAN SUPLEX AIRLINES
タイトル:これからもソデふれあう

兵庫県尼崎市を中心に、様々な方に制作いただいたミニ大仏を、大仏を模した棚に密な状態で展示・販売を行いました。
ミニ大仏が販売され、手に取られるごとに個体同士に隙間(ディスタンス)が形成され、コロナ禍で形成されてきた人々の距離を表現した作品です。

その距離を形成する行為(購入)は、反面、見ず知らずのミニ大仏の製作者に思いを馳せることになり、人とのつながりや縁を見つめ直すきっかけにもなり得ます。